アメリカ駐在中の資産運用〜株式投資がおすすめな理由〜

資産運用

せっかくアメリカ駐在しているので現地で資産運用したい!いろいろ投資法がある中でどんな投資がおすすめ?どうやればいいの?

こんな疑問に対してつぎの3つを解説します。

  • アメリカ駐在中にできる資産運用
  • 株式投資がおすすめな理由
  • おすすめ証券口座と株の買い方

僕は株式投資がアメリカ駐在員に最適だと考えています。

この記事を読むと数ある投資法の中から株式投資が駐在員に合うと納得して始めることができると思っています。

僕はこの記事の考え方で2020年2月から株式投資をしています。

現在は5万ドル(約600万円)以上を運用していて、数年で日本へ帰る駐在員にしてはかなり思い切った額を投下していますので、アメリカ駐在中の投資実践者の情報として参考になるはずです。

ほっとくだけで長期的にお金が増える仕組みを作ることができますので参考にしてみてください。

こんな方に役立つ記事です

アメリカ駐在中にできる資産運用方法を知りたい

仕事や家族のケアが忙しいから、手間のかからない投資法を知りたい

日本非居住者は日本で資産運用できない

困るサラリーマン

アメリカ駐在者の悩みは、日本で資産運用ができないことです。

日本非居住者は日本の証券口座を持つことができません。

駐在前に日本で運用していたとしても、日本非居住者になった時点で証券口座を解約しなければいけません。

もちろんアメリカからは日本で新規口座開設もできません。最近は口座開設にマイナンバーが必要になり、海外在住者は引越しのときに市役所でマイナンバーを変換したはず。

駐在中は会社から日本円の給料ももらえることから、日本円のほとんどが銀行の現金貯金になってしまっていて、そのお金は働いてないことになります。

アメリカに住んでいる限り、その眠っている日本円で投資をしたくてもできません。

アメリカ駐在中にできる資産運用

たくさんの選択肢

日本で資産運用できなくても、アメリカでドルを使った資産運用はできます。

アメリカ駐在員は現地法人からドルの給料があるので、為替リスクを負わずにアメリカのいろんな投資先に投資することができます。

しかも、アメリカは金融大国といわれるだけに、投資の選択肢がたくさんあります。たとえば、つぎのような方法があります。

  • 株や債券
  • 不動産
  • 貯蓄型の保険
  • ロボアドバイザー
  • ビットコイン
  • 金などの物
  • ネット銀行の貯蓄口座(High Yield Savings Account)など

アメリカの不動産は中古住宅でも値上がりしていくので、家賃収入と売却益どちらも期待できます。古くなると値段が下がっていく日本の不動産よりは、アメリカの方が難易度は低いでしょう。

貯蓄型の保険も保証年利が2.5%というのもあり、日本のドル建てぼったくり保険とは大違いです。

High Yield Savings Accountと呼ばれるネット銀行の貯蓄口座も、金利が高く年0.4~0.5%くらいで、日本の定期預金と比べるとかなり高いです。

日本とくらべると、どれも期待リターンが高いことがわかります。

そんな中で、僕は株式投資をおすすめします。

アメリカ駐在中は株式投資がおすすめな理由

アメリカ駐在中はおもに株式投資がおすすめです。

僕が実践していていい方法だと思っているのもありますが、これから説明するつぎの2つを考えると株式投資一択だと思っています。

  • 株式投資の特徴
  • アメリカ駐在員の状況

株式投資の特徴

アメリカの企業への株式投資にはつぎの特徴があります。

  • アメリカの株価指数全体で長期的に成長している
  • 年利6〜8%のリターンが期待できる
  • 借入が必要なく、小さく始められる(数百ドルで1株買える)
  • 手間がかからない
  • ネット証券口座で売買や手続きが完結できる

この記事では『銘柄を分散した長期投資』を前提としています。

短期売買で利益を稼ぐトレードや個別株への集中投資ではありません。ギャンブル要素が強い投資は、素人では勝てないと思っているからです。

投資対象としてアメリカの企業が優秀な理由

投資で大事なのは『何に投資するか』ですね。

アメリカの企業を投資先にする理由はつぎのとおり。

  • アメリカの株価指数(ダウ平均、S&P500、NASDAQなど)は長期的に右肩上がり
  • 金融危機でもなんども立ち直った力強さを持つ
  • アメリカはイノベーションが起きやすい
  • 米国企業は株主還元の精神がある

代表的なS&P500指数をみると、長期的には右肩上がりなのがおわかりいただけると思います。

S&P500指数

最近だと、2020年3月コロナショックでS&P500指数で35%くらい下がりましたが、半年ほどで立ち直っています。2008年のリーマンショック、2001年ITバブル崩壊などでもしっかりと立ち直ってます。

僕はアメリカで4年以上働いていますが、自由な職場環境からもアイデアなども出やすく、イノベーションも生まれやすい環境だと感じています。

>>アメリカの働き方【日本の働き方との違いや特徴は?】

その証拠に、Google, Appleなど世界をリードするIT企業はアメリカの企業がほとんどで、アメリカのテクノロジーの強さがうかがえます。

また、株主還元の精神もすばらしいです。

アメリカでは減配は経営陣への責任が追及されるので、会社として株価上昇以外にも配当金でも株主に還元する文化があり、定期的なインカムゲインも期待できます。

つまり、株式投資のメリットはつぎの2つです。

  • 売却時のキャピタルゲイン
  • 配当金のインカムゲイン

アメリカ駐在員の状況

飛行機からの景色

あなたがアメリカ駐在員であれば、つぎのような状況ではないでしょうか?

  • ドルの現金は少ない(数年で帰任するから)
  • 仕事や家族のケアで忙しい
  • いつ帰任になるかわからない
  • 帰国後はドルの収入がない

駐在員はいずれ日本に帰国します。

平均駐在期間は4〜5年といわれているので、帰任のときに口座を閉じてしまうと、長期投資になりません。株価が下落しているときだと元本割れするリスクもあります

それでも、日本に帰国後も維持できる証券口座であれば、15年以上の長期投資が可能です。(その証券口座はあとで説明します)

米国株投資においては、15年以上の長期投資をしていれば相場が最悪の15年間だったとしても、年利4%くらいのリターンに収まるデータもでているほどです。

もちろん、未来はだれにもわからないという投資の前提があるので、これからもこの過去データの通りになるかは誰にもわかりません。

わたしの足元を導く燭台はひとつしかない。経験という燭台だ。未来を見通したいなら、過去に照らすよりほかに方法はない。パトリック・ヘンリー

『株式投資の未来』より引用

未来を予想することはできませんが、変化の激しいこの時代でもわれわれができることは、これまでのデータを参考にするしかないでしょう。

日本は高齢化かつ低成長期なので、給料が上がらずに社会保険料負担増や増税もあることから、投資などでお金を正しく運用する経験は必要だと思っています。

しかし、リスクをとらないでお金を増やす方法は今はもうありません。

仮想通貨などの目新しいものではなく、株式のように長い歴史があり、たくさんのデータや調査結果がある投資がいいと思います。

駐在員は忙しいので手間をかけられない

ちゃんと働く人

駐在員は仕事や家族のケアでとにかく忙しいことも悩みです。

仕事が忙しい中でつぎのようなことにも対応していて、とにかく時間がないことでしょう。

  • 子供の学校手続き、先生と面談
  • 子供の病院へ付き添い
  • 家のトラブルでオーナーさんとのやりとり
  • 車のメンテナンスなど

そんな忙しい状況から手間がかからずにほっとくだけで年6〜8%の利回りを期待できる』株式投資がベストという結論です。

ちゃんと分散されていれば一企業の状況をチェックする必要もありません。

長期投資なので、頻繁な株価チェックも不要です。

僕は4年以上アメリカに住んでますが、今でも妻は英語を話せませんし相手のことをほとんど理解できません。このため、英語を使うシチュエーションはすべて僕がやらなければいけないので、とにかく時間を取られてしまうのが悩みです。

英語ができないのにアメリカ駐在するとどうなるか?

ちなみにアメリカでも株式投資で得た利益には税金がかかるので、確定申告で作業が2つだけ発生します。でも、やってみると簡単なので心配する必要はありません。

  • Form 1099-DIV/INTを証券会社から入手し会計事務所へ提出
  • Form 1099-DIV/INTの数字を確定申告システムに記入

>>アメリカ駐在中の株式投資にかかる税金と確定申告で増える手間2つ

アメリカ駐在中のおすすめ証券口座『Charles SCHWAB』

証券口座は、つぎの特徴のあるChales SCHWABがおすすめです。実際に僕も使っていて、使いやすいと思っています。

  • アプリが使いやすくて送金や購入が簡単
  • 設定すれば配当再投資を自動でやってくれる
  • 日本帰国後も口座を保持できる
  • 大手で安心
  • 手数料無料(最低必要口座残高なし、送金/口座維持/売買手数料など無料)

『Firstrade』も日本帰任後も口座を保持できます。

日本帰国後も口座を維持できるので、口座を閉じる必要がなく15年以上の長期投資ができます。

口座開設も簡単にできました。

Charles SCHWABアプリでの送金の仕方と株の買い方を紹介します。使い方が簡単なことがわかるはずです。

送金の仕方

ログイン後、Transfer選択

SCHWEBアプリにログインし、左上の”Transfer”をタップ。

送金元と送金先の指定

“From”と”To”をそれぞれ指定する。

“From” : 銀行口座アカウントをタップ。

”To” : Schwabアカウントをタップ。

送金する金額と日にち入力

送金する額(Cash Amount)、頻度(Frequency)、日にち(Transfer Date)を入力し”Continue”をタップ。

送金内容の確認

送金内容を確認し、”Submit Transfer”をタップすると”Your transfer has been successfully placed.”と表示され完了。

株の買い方

S&P500に連動するETF『VOO』を1つ買う手順で紹介します。

ログイン後、Trade選択

SCHWEBアプリにログインし、下にある”Trade”をタップ。

銘柄と行動を入力

Select AccountでSCHWAB口座を指定、Symbol(銘柄)の検索窓で”VOO”と入力し選択、ActionはBuy(買い)をタップ。

数量と買い方を指定

下にスクロールし、配当再投資するならReinvestをオン、Quantity(数量)、Market(時価)を選択し、右下の”Review Order”をタップ。

指値で買うことはないので、Order typeはいつも”Market”にしています。

注文画面の確認

注文画面を確認後、下へスクロールし、問題なければ”Place Order”をタップし完了。

駐在中の投資用の口座は少ない方がいい理由

アメリカではいろんな投資方法があるので、いろいろとやりたくなってしまい投資用の口座をたくさん作ってしまうかもしれません。

しかし、駐在員はいつかは日本に帰るので、いずれは口座を閉じたり、引っ越しで住所を変えたりする手間も発生します。

日本帰国の準備はかなり大変なので、管理する口座が多いとさらに忙しくなってしまいます

せいぜい駐在期間は4~5年でしょうから、管理の手間を考えると保有する口座はシンプルにつぎの2コくらいがいいと思います。

  • 銀行口座 : 生活用
  • 証券口座 : 投資用

駐在終了時にアメリカの証券口座を閉じる検討した方がいい人

アメリカの証券口座『Charles SCHWAB』と『Firstrade』は日本帰国後にも維持できます。

しかし、次のような方は駐在終了時に口座を閉じる検討してもいいと思います。

  • 日本の確定申告がとにかくめんどくさい
  • 日本帰国してすぐに多額のお金を使う予定がある(マイホーム購入など)

アメリカ証券口座を維持すると、毎年日本で確定申告が必要になるので管理の手間が発生します。

この確定申告がとにかくめんどくさいけど帰国後も日本で米国株投資をしたいなら、源泉徴収ありの特定口座で投資信託で運用するなら自分で確定申告が不要なので手間を減らすことができます。

ちょうど閉じたいときに相場が下落している場合は、一旦維持しておき相場が戻ったタイミングで解約すればいいと思います。

僕は日本に帰ってもすぐ多額のお金を使わない(使うけど円貯金で対応できる)し、結局いま投資している銘柄と同じものを買う予定なので、アメリカの証券口座は維持して配当再投資しながら運用継続していく予定です。

アメリカでの種銭の作り方

アメリカ駐在中の資金に余裕があるなら、若いうちから積極的に積み立てていきたいところです。

しかし、『米国株投資したいけど、まわせる資金がない!』という悩みもありそうです。

そんなときにできるドル資金を確保を2つ紹介します。

日本円をドル転する

日本円をドル転する方法はつぎの2つです。

  • Wise(旧トランスファーワイズ)で外貨送金
  • 会社の日本円給与を一部ドル転して支給する制度利用(制度があれば)

送金手数料が安いのは『Wise(旧トランスファーワイズ)』です。

アメリカ在住でも口座開設できましたが日本の住所が必要でした。開設のためにWiseからの手紙を日本で受け取りますので、日本の実家などに協力してもらいましょう。

Wiseの紹介リンクから申し込むと初回の送金手数料が約500ドルまでなら無料になります。

お勤めの会社に、日本円給与を一部ドル転してアメリカ現地給与として支給する制度があれば、利用するのもいいです。

銀行は使わないでください!

為替変換手数料をとっているのに、為替レートの中にもさらに手数料を忍ばせるという荒業を使ってきます。

例えば、数十万〜百万円の送金の場合、Wiseでの送金と比べると手数料で数千〜万円を多く負担することになってしまいますので。

アメリカの生活を節約する

アメリカの生活を節約するには、まず家計の支出を把握したうえで、つぎを検討してみてください。

  • 使ってないサブスクを解約
  • スタバ、コンビニに行き過ぎない
  • お金のかからない趣味も見つける(家族で公園ピクニック、スポーツなど)
  • 自分に合ったクレジットカードを使う
  • 削っても痛みを伴わない出費は削る

削ると生活満足度が下がる支出は人それぞれ違うと思いますので、ご自分の好きなことを一度棚卸してみましょう。

たとえば僕だと、ゴルフ、飲み会、高い酒、毎日のスタバなどは削っても問題なかったです。

支出に優先順位を付けて、『なくてもいいな』と思うのはやめてしまいましょう。

アメリカの本当のお金持ちは意外にも質素倹約に暮らしています。

お金を稼いでも使ってしまってはなくなってしまいますので、『収入と支出の差』から資産がうまれることをわかっているのでしょう。

>>本当のお金持ちの意外な特徴とは?『1億円を貯める方法をお金持ち1371人に聞きました』の要約

ご家庭に合う無理のない節約術を編み出してみてください。

家計改善アメリカ生活の節約術30選【30代で4000万円貯めた僕がアメリカで使える節約術公開】

アメリカ駐在中のおすすめ資産運用まとめ(結論は株式投資)

米国企業への株式投資は長期的には年利6~8%を狙えます。

アメリカ駐在中はドルの給料がもらえるけど、忙しくて投資に時間をかけられない。そんな状況なら手間がかからず小さく始められる株式投資がおすすめです。

証券口座『Charles SCHWAB』はネットで売買が完結でき、日本帰国後も口座を維持できます。15年以上の長期投資なら元本割れのリスクは少なくなるので安心です。

アメリカ駐在員に適した方法で、効率的に資産形成をしましょう。

もし興味があれば、僕のアメリカ駐在中の運用方針を参考にしてみてください。実際に買っているETF銘柄、ポートフォリオなども公開しています。

長期投資アメリカ駐在中の株式投資方針~僕のリアルな投資成績も公開~

アメリカ駐在の全体像(会社から駐在を任命されてからアメリカ生活まで)をまとめていますので、ご興味があれば参考にしてみてください。

自由の女神アメリカ駐在攻略ロードマップ~楽しい駐在生活をおくる為のステップ~

3 COMMENTS

Ryo

貴重な情報ありがとうございます。非常に参考になりました。
私も駐在しておりますが、将来的には帰国予定ですので、ほぼそのまま真似させて頂こうと考えております。
1つ質問させていただきたいのは、投資口座からのお金の引き出し方です。長期運用方針ではありますが、最終的な回収方法を理解していないと安心して開始できません。
運用終了→日本円へ変換して日本の銀行へ
という手続きのイメージはすでにお持ちでしょうか?

返信する
ふみお@アメリカ駐在中

いい質問どうもありがとうございます。
ぼくが考えているお金の引き出しは以下の手順ですので、参考にしてみてください。
1,使う分だけ株を売却。(売ると証券口座内で現金になります)
2,その現金を証券口座からアメリカで維持している銀行口座(僕はUnionBank)へ送金
3,アメリカの銀行口座から日本の銀行へWiseで円転して送金
もし、アメリカでの資産運用を完全にやめる場合は、1ですべての株を売却すればOKだと思います。

返信する
Ryo

なるほど、行きと同じルートで回収が可能なんですね。そうするとキープしておく銀行口座に手数料がかからないようにしておかないといけないですね。(預金残高?)
参考になりました。ありがとうございます

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA