アメリカ生活の節約術30選【30代で4000万円貯めた僕がアメリカで使える節約術公開】

家計改善

アメリカは日本より物価が高くてなかなかお金が貯まりません。

なにも意識しないとお金はどんどん出てきますので、無理のない程度に家庭に節約を取り入れたいですよね。

僕は日本での生活も含めると6年以上まじめに家計管理をしていて、日本円も含めた個人総資産が4000万円を超えました。就職して14年間、結婚式とハネムーンした年以外は毎年数百万円ずつ貯金が増えています。

そんな貯金が得意な僕が、アメリカ生活でも使える節約術を30個公開します。

30個のうち、あなたの家庭でもやれそうなもの1つでもいいので試してみてください。

ご家庭によっては毎月500ドルの節約に成功するかもしれません。

目次

節約の前にまずは家計簿で支出を把握

家計管理

家計簿はつけてますか?

毎月なににいくら使っているのかわかれば、大きな支出から見直しができます。

節約は電気、ガスなどの小さな支出ではなく、家賃、教育費、食費などの大きな出費から見直す方が効果が大きいです。

ざっくりでもいいのでご家庭の支出を把握してみましょう。

とはいっても、家計簿をつけるのはめんどうだと思います。

生活費は各家庭によって違いますが、まったくご家庭の支出イメージがなければ我が家の2019年~2021年の年間生活費を公開していますので参考にしてみてください。

我が家の支出と大きく違いそうなカテゴリがあれば、それに対する節約方法を実施することで効果があるかもしれません。

>>アメリカ・カリフォルニア在住家族の年間生活費_2019年

>>アメリカ・カリフォルニア在住家族の年間生活費_2020年

>>アメリカ・カリフォルニア在住家族の年間生活費_2021年

節約に効果のある習慣やライフスタイル

日常生活

節約に大事な習慣とライフスタイルを紹介します。

僕自身がこれまで貯めてこられたのはこれから紹介する4つが大きく影響していると思います。

健康な身体を維持し病院にかからない

アメリカは医療費が高いので、歯や身体のケアをしっかりと行うことが節約にも効くと考えています。

保険に入ってても病院にかかれば数十〜百数十ドルの治療費がかかるので、もはや治療を受けないに越したことはありません。

つまり『健康な身体こそが節約』だと思います。

つぎのような健康的な生活習慣をつけて健康を維持できれば、結果的に医療費がかからず節約にもなるはずです。

  • 歯磨き、フロス
  • 質の高い睡眠
  • バランスの取れた食事
  • 飲みすぎない、食べ過ぎない
  • 適度な運動
  • 朝のお散歩

>>【簡単】アメリカで便秘解消に効く朝習慣2つ

自分が本当に好きなことを明確にし、やめてもいい趣味や習慣をやめる

節約と言ってもなんでもかんでもケチるのは苦痛以外の何者でもありません。人生の楽しみを我慢してまで節約する理由はありませんので、まず好きなものを棚卸ししましょう。

削ると生活満足度が下がる支出は人それぞれ違いますが、あなたの生活で『これが無いと生活満足度が下がる!』って趣味や支出はなんですか?

例えば、我が家は旅行、美容、大切な友達との外食はケチらないと決めています。

あなたにも仲の良い友達とのカフェ、旅行、ゴルフなど、これを辞めたら生活がつまらなくなるって出費があるはずです。

一方、削っても問題ない支出もあるはずです。

例えば僕だと、特別な楽しみがない外食、毎日のスタバ、会社の飲み会、高い酒、ゴルフは削っても問題なかったです。

あなたにとって『絶対に必要なもの』と『なくてもいいもの』を明確にし、優先順位をつけ、なくてもいいものはやめてしまいましょう。

お金のかからない趣味を楽しむ

お金を使わなくても楽しくすごせることを見つけてみましょう。

僕のおすすめは『家族で公園ピクニック』と『スポーツ』です。

アメリカの整備された広々とした公園はありがたいので、我が家はおにぎりやサンドイッチを準備して、レジャーシートを敷いて公園ピクニックしています。

食べたら、子供とサッカーや自転車の練習したりと、家族で充実した休日をすごせます。

お金もほとんどかからないので、コスパ良しのおすすめの休日の過ごし方です。

このようにお金を使わなくても楽しめることを探してみると、新しい過ごし方が見つかるかもしれません。家族や友人とのBBQもコスパがいいと思います。

アメリカでは、バスケットボールコート、テニスコート、プールなどは無料で利用できるので、スポーツも健康にもよくておすすめです。

僕の趣味はバスケで、1セントもかからないのでこれまでかなりの節約に貢献してくれました。

必要最低限の物で暮らす

物を減らして必要なものだけで暮らすとお金も貯まります。

いつも買っているものを買い替えるときや、家のものを見渡してみて『そもそもこれがなかったら困る?』と考えてみると、意外と不要な物だったと気づいたりします。

また、車、高級時計、高級革製品、絵画など高額なものを所有すると、管理する費用、グッズや手間、収納グッズ、保険などもかかって、追加費用がかかっていることもあります。

不用品は思い切って処分し、ブランド物や本などは売ってしまい、家の物を減らしてみてはいかかでしょうか。

アメリカ生活の食費の節約術

食料品店

食費はアメリカの一般家庭で月500~1500ドルと大きな支出です。これから上げる9つを検討してみましょう。

なるべく自炊する

アメリカではラーメン一杯でもチップを含めると20ドルとかかかってしまい、全体的に外食のコスパが悪いです。

アメリカでは日本と違って『自炊<惣菜<外食』という出費関係がきれいに成り立っているので、なるべく自炊することが節約に効果があります。

外食する頻度を月一回とかに減らすと、たまにいく外食や仲のいい友達との食事がより楽しく特別なものに感じられるのでおすすめです。

また、プリンやケーキなどのお菓子も自分で作ることで節約が可能です。

ランチはお弁当を持参

ランチで毎回外食や会社のカフェを使っていると月200ドル以上かかってしまうはずです。

僕がオフィス勤務だったときは、会社のレストランで毎日10ドルかかってました。あまり美味しくないランチに毎月200ドル払ってたと考えるとバカらしくなり、途中からお弁当にしました。

日々の惰性で毎日のランチを買っている場合は、お弁当持参を検討してみましょう。

お仕事が在宅勤務ならば、ランチは家で昨日の夕食の残り物や作り置きしたものを食べるといいと思います。

飲み物は水

飲み物はジュースではなく、水かお湯がおすすめです。

たった2ドルほどのジュースも毎日飲んでいると慣れてしまいます。

水分補給が目的なら普段は水にしてみましょう。

いつも水だとたまに飲むジュースが美味しく感じるので、子供の頃のジュースのありがたみを思い出せるかもしれません。

スタバに行き過ぎない

スタバのコーヒーは美味しいのですが、毎日飲んでいると慣れてしまい美味しさが半減してしまう気がします。

僕はスタバは月一回か旅行の時くらいしか飲みませんが、普段飲まない分、たまに飲むカフェラテがより美味しく感じます。

スタバに行く頻度を下げ、普段はインスタントコーヒーではダメか試してみてください。

慣れますよ。

コンビニで買い物しない

アメリカにはガソリンスタンドにコンビニが併設されていますが、給油のついでにコンビニにも寄るアメリカ人が多くみえます。

コンビニは割高なのでついで買いは控え、必要な物はスーパーでまとめ買いしましょう。

スーパーのリワード会員になる

よく利用するスーパーにリワードプログラムがないか確認してみてください。

入会して買い物すると商品によって3~5%オフになることもあるので、よく利用するスーパーで割引で買えるのは大きいです。Ralphs、CVS、Targetなど。

僕はRalphsをよく利用しますので、カードをスキャンすると対象商品がいつも数%割引になってくれて助かってます。

お買い物リストを作ってから買い物をする

アメリカのスーパーは広くていろいろ売ってますので、長くいればいるほど余計なものを買ってしまいます。

お買い物リストを作って必要最低限の買い物だけして、さっさとスーパーを去ることが時間もお金も節約できておすすめです。

実はアメリカの本物の億万長者もそんな人たちなのだとか。

『1億円を貯める方法をお金持ち1371人に聞きました』表紙『1億円貯める方法をお金持ち1371に聞きました』の要約、本当のお金持ちの意外な特徴とは?

会社の飲み会・付き合いのランチは最低限

会社の飲み会や付き合いのランチは最低限にします。

日本にいると付き合いが悪いとかいわれますが、せっかく自由の国アメリカにいて、行かないこともその人の判断が尊重される国ですので、飲み会や定例の付き合いのランチが面倒であれば断ってみましょう。

晩酌は毎日やらない

お酒を毎日飲んでいると慣れてしまい飲む幸せが半減している気がします。

晩酌は週2回くらいに抑えると、飲んだときの嬉しさや幸せをより感じられるのでおすすめです。

また、お酒の種類にこだわりがなく酔えればOKなら、ウィスキーとソーダで割るハイボールはコスパがよいと思います。飲む量にもよりますが、我が家では20ドルほどのウィスキー1本で1〜2ヶ月もちますので、毎回缶の酒を飲むよりは家計にいいはず。

アメリカ生活の住宅関連の支出を節約

中古の家

通信費、サブスク、家賃などの固定費は一度見直ししてしまえば、それ以降はずっと効果が出るので効率的な節約方法です。

ここでは住宅関連の節約法を4つ紹介します。

使ってない年会費のかかるサービスは解約

使ってないのに年会費のかかってるサービスを放置してませんか?

  • サブスク
  • 年会費ありのクレジットカード
  • 通ってないスポーツジム
  • あまり見ないケーブルテレビなど

たった月10ドルだとしても、一度解約してしまえばもうお金がかからないので、その後の手間もかかりません。

Netflixやケーブルテレビなしでも、Google Chromecastを使ってテレビにYouTubeを映せれば、無料で子供番組やアニメなど見れるのでおすすめです。

サブスクサービスアメリカ生活の節約アイデア〜サブスクの見直しせよ〜

携帯通信費・ネット代を見直す

僕の妻はスマホ通信のプロバイダーは『H2O』を使っていますが、ほとんど電話しないので一番安いプランでもなんの問題もないです。

試しに一番安いプランにしてみて、携帯の使用に不便があるかを試してみましょう。

また、自宅のネットも、Cox、AT&T、Spectrumなどお住まいの地域のプロバイダーで比較してみて、安くなるなら乗り換えを検討しましょう。

乗り換えると最初の1年は安くなるプロバイダーもあり、数年で乗り換えていくのも案です。

家賃の安い家に引っ越す

コロナ以降、在宅勤務が普及したので、オフィスに頻繁に行かなくなった人もいるのではないでしょうか。

もし会社の近くに住む必要がなくなった場合は、家賃の低い家に引っ越すのも案です。

アメリカの家賃は値上がりしていくので家賃交渉が厳しいため、安い地域に引っ越すことが節約になってくるはずです。

しかし、引っ越しはハードルが高いし、安い地域は治安が悪かったり、子供の学校の質が落ちたりするので、慎重に検討しましょう。

また、すでに子供が独り立ちしている場合は、より小さな家に引っ越すことも検討できます。

エアコンの室外機を掃除

エアコンの室外機の周りに物があったり汚れていると効率的に熱を外に放出できないので、その分無駄な電力が消費されてしまいます。

フィルターだけでなく室外機もきれいにしておくことで、エアコンの無駄がなくなり電気代も少し節約になるはずです。

>>アメリカで冷房が効かないときにチェックする箇所

アメリカ生活の衣の節約方法

服

アメリカではあまり服にお金をかけないイメージですが、安いに越したことはないでしょう。2つ紹介します。

服はディスカウントストアで買う

ブランドの服を安く手に入れたいなら、Marshalls、Ross、TJmax、Nordstrum rack、アウトレットなどの割引されているお店で買います。

アメリカでは高い服を大切に長く使うよりは、安い服でダメになったら買い替えているので、服は安いに越したことはないですね。

Macy’sやNordstrumなどでもブランド服が売っていますが高いので、掘り出し物を見つける感覚でディスカウントストアを利用してみましょう。

着ない服は売る

アメリカにも中古の服を買い取ってくれるお店があります。

あまり着ないブランドがついた状態のいい服は意外と高く売れたりしますので、クローゼットをチェックして処分を検討してみましょう。

子供の教育費・書籍代の節約方法

アメリカ小学校

子供が私立の学校に通っている場合は、教育費もかなりを占めます。書籍の節約方法も含めて3つ紹介します。

公立の学校に通う

私立の学校だと週5日で月1000~2000ドルかかっていると思います。

アメリカの公立学校は無料なので大きく節約になります。

しかし、小学校低学年だとケアしてくれる時間が短くなりますので、子供を見る時間が増えて夫婦の負担が増えるので、夫婦でよく話し合って決めましょう。

図書館を利用し書籍代を節約

ロサンゼルスやオレンジカウンティなど日本人が多く住む地域の図書館には日本語の本も充実しています。

我が家は子供の絵本はほとんど買わずに図書館で無料で借りてます。

お近くの図書館で良さそうな本がないかチェックしてみてください。

読まない本は売る

アメリカにもブックオフがあり、日本語の本も買い取ってくれます。

メルカリのような個人で直接売るサービスよりは買い取り額が安くなりますが、日本のリサイクルショップで売るよりは比較的高く売れ、持っていけば一気に買い取ってくれるので楽です。

クレジットカードやポイントも最適化して節約

キャッシュバック

クレジットカードで買い物してポイントやキャッシュバックを得ましょう。よく使うサービスのロイヤリティプログラムでポイントやマイルも同時に貯めます。

3つ紹介します。

家庭に合うクレジットカードを使う

アメリカではクレジットカードのポイント還元率が日本よりもはるかに高いです。

ご家庭の支出の多いカテゴリ(スーパー、旅行など)に強いクレジットカードを使うことで、より多くのポイントやキャッシュバックを得られて節約できます。

僕は毎月40ドル以上のキャッシュバックを得ています。

年会費100ドル以下でも十分お得なカードがあるので、キャッシュバックやポイント、マイルを効率的に貯めていきましょう。

クレジットカードアメリカのおすすめクレジットカード18選【年会費100ドル未満・高還元率】

クレジットカードのローンは絶対に使わない

クレカのローンの金利は年利20%とかするのもあり、多額のカードローンを組んでいるなら返済してもしても膨らんでいくので、絶対にローンは使わないでください。

世界一の投資家ウォーレンバフェットですら投資の運用利回りが年20%とかですので、カードローンをしてくれるお客さんはクレカ会社からすると神業的な利回りを提供してくれるいいカモになってしまいます。

カードローンしている場合はすぐに返済しましょう。

ロイヤリティプログラムのポイントやマイルを失効させない

アメリカではヒルトン、ユナイテッド航空などのマイルやポイントが貯まり易い仕組みになっています。

これらのマイルを上手に貯めて、旅行で使ったりギフトカードなどに交換して節約しましょう。

財布の中のポイントカードアメリカでポイ活〜ほどよい距離感でお得に暮らす〜

日本人駐在員であればANAかJALユーザーが多いと思います。僕はJALのマイルのお得な使い道はフライトのアップグレードだと結論を出しました。

無駄にならないよう、ご自分のマイルをどう使うのがお得なのかを調べておきましょう。

JALマイレージバンクアメリカでのJALマイルの使い道~お得な使い道を考えてみた~

会社の制度を使い散らかして節約

アメリカのオフィス街

会社が従業員に提供している福利厚生や補助は確実に利用したいところです。僕は就職して14年間、会社を利用して上手く蓄財してきました。笑

2つ紹介します。

駐在員なら補助を徹底的にもらう

日系企業の駐在員には会社からの補助が充実しています。

会社によりますが、例えば次のような申請すれば補助がでるものはもらっておきましょう

  • 家賃
  • 教育費
  • 医療費
  • 自動車
  • 保険など

また、日本食をネットで注文して、日本からアメリカへ送付してくれるサービスと提携している会社もあるようです。

日本食はアメリカのスーパーだと定価の2~3倍しますので、日本で買った方が節約になりますので、日本食斡旋の制度があればなるべく利用しましょう。

福利厚生制度を使い倒す

会社が福利厚生として、遊園地、ホテル、コンサートチケットなどの割引サイトと提携してたりしますので、正規の値段で購入する前に比較をしてみましょう。

また、社員の教育プログラムなどもあったりするので、自分が勉強したいジャンルがあれば会社を使ってタダで勉強できます。

僕はアメリカ駐在しているのでアメリカ人と話し放題で、日本だったらお金を払って英会話に通うところをタダで英会話授業を受けているとも考えています。

アメリカ生活のその他の節約方法

貯金

節約の効果はそこまで大きくありませんが、小さく貯金できる方法をもう3つ紹介しますので参考にしてみてください。

車のタイヤ空気圧を定期的にチェックする

タイヤ空気圧は燃費にも効いてきますので、ガソリンスタンドで定期的に適正な空気圧になっているかチェックしましょう。

また、車にいつも無駄に重い荷物が入っている場合は、燃費も少し落ちるのでおろしましょう。

>>アメリカで自動車のタイヤに空気を入れる方法

ペットボトルや瓶などをリサイクルして換金

お近くのゴミステーションにリサイクルとしてペットボトルや瓶などを持っていくと、いくらかお金と換金できます。

我が家はいっぱいになった30ガロンのゴミ袋3つが車に乗りきる限界で、3袋になったら近所のWaste Managementのリサイクルセンターへいき、一回14ドルほどもらえています。

来年分のクリスマスカードを12/26か27に買う

クリスマスカードを来年も出す予定なら、クリスマスが終わった12/26か27に割引されるので来年分をまとめて買うと少し節約できます。

アメリカ生活の節約術まとめ

以上、アメリカ生活の節約術を30個紹介しました。

いろいろと上げましたが、やり易くて特に効果が高いと思う5つはつぎの通りになります。

  • やめてもいい趣味や習慣をやめる
  • お金のかからない趣味を楽しむ
  • 自炊する
  • ランチは弁当を持参
  • 家庭に合うクレジットカードを使う
クレジットカードアメリカのおすすめクレジットカード18選【年会費100ドル未満・高還元率】

浮いたお金を資産運用に回して増やすことで将来の不安を少しずつ減らしていけるのではないでしょうか。

資産運用アメリカ駐在中の資産運用〜株式投資がおすすめな理由〜

もちろん、たまに美味しい物を食べるなど自分へのご褒美も忘れてはいけません。決して無理をせず、ご自分の好きなことはやめずに、できそうな節約法から試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA